知っていると何かと役に立つ!オーダーシャツの豆知識について説明します!

オーダーシャツの豆知識として知っておいた方が良いのが、サポート面での充実度です。そもそも、カスタマイズしてシャツを提供するため同じ商品が市場で提供されているわけではありません。不具合が生じた場合には、きちんとメンテナンスしてもらわなくてはいけません。オーダーシャツでは、部分的なリペアができるのでこの点の確認がとても重要です。同様に、オーダーシャツとはいってもサイズ感は着る人で全く違います。デザインなどを綺麗にするのも大切ですが、対象とする人物がきちんと着られる状態にしておかなくてはいけません。

パターンオーダーを利用すればオーダーシャツを安く仕立てられる

近年オーダーシャツの需要が増加しており、それに伴い安価で作る方法が注目されています。その中でも、パターンオーダーが注目されています。標準的なパターンを使用して、個々のサイズに合わせて微調整を行う方法です。この方法を利用することで、オーダーシャツを通常のオーダーメイドよりも安価に仕立てることが可能になります。 最大のメリットは、製造コストの削減にあります。通常のオーダーメイドでは、1枚のシャツを作るために個別に新たなパターンを作成する必要があるのです。これに対し、あらかじめ作成された標準的なパターンを使用するため、新たなパターンを作る必要がありません。そのため、製造コストが大幅に削減されその分を価格に反映させることができるのです。 以上のように、基本となる型を利用すれば、オーダーシャツを安価に仕立てることができます。製造コストの削減と素材の選択肢の広がりがその理由です。オーダーシャツを手に入れたいけれども、高い価格がネックだという方は、パターンオーダーを利用してみることが出来ます。

オーダーシャツが完成したらサイズチェックをすることが重要

自分の体に合ったシャツを着用するために、オーダーシャツを購入しようと検討している方がいると思われます。体型は人によって大きく異なるため、既製品ではフィットしないと感じることが少なくありません。体にフィットしていないシャツだと動きにくいですし、カッコ悪く見えてしまいます。オーダーシャツは体を細かく測定して、フィットするように作ってもらえるので安心です。素材もこだわることができます。 オーダーシャツを購入する際に気をつけなければいけないのは、完成したらサイズチェックをすることです。測定して作ってもフィットしないことがあるので、納得ができる仕上がりになっているか確認してください。修正してもらえる期間が店によって決まっているので、気づいた時には遅かったという事態にならないように、完成したらすぐにサイズチェックをするべきです。オーダーシャツは決して安い価格ではないので、無駄な出費を防ぐためにも重要なことです。

オーダーシャツのクリーニング後はビニール袋から出して保管しよう

クリーニングを終えた後のオーダーシャツはきちんと保管しなければ、綺麗に洗ったはずがシワが目立つ状態になりかねません。ビニール袋の中に入れておいた方が清潔だと考えて、そのままの状態で放置してしまう人もいますが、シワが増える原因になるので注意が必要です。折り畳んだ状態の生地をそのまま置いていると、アイロンをかけないと消えないシワができてしまいます。ビニール袋の内側に湿気が溜まると、カビによる変色が起きるので注意が必要です。クリーニングから帰ってきたオーダーシャツは、すぐにビニール袋を外して仕上がりをチェックしてください。ボタンの欠けやシミが残っていないかチェックして、問題があれば再びシャツを預ける必要があるためです。保管する時はタンスやクローゼットに収納して、日光や照明の光を当て続けないように気を付けてください。光が生地に当たり続けることで変色して、シャツを着用したまま外出するのも困難になってしまいます。

オーダーシャツで傷みやすい場所は袖口

オーダーシャツの袖口は手首の部分をしっかりと閉じ、シルエットを整えるために比較的狭くなっていることから着用時に摩擦が加わるケースがあるほか、普段の動作の中でも他の物に振れやすいことから傷みやすいのは確かです。例えばデスクワークをする際にペンを手にして文字などを書く時にはデスクに密着し、字を書く動作をする際に擦れてしまいます。トイレで用を足した後に手を洗う時には、僅かながらに水滴がかかってしまうこともあります。このようにオーダーシャツの袖口は、常に過酷な環境の中にあると言えます。使用されている繊維の中にはストレッチ素材や形状記憶素材が使用されたものもあり、比較的摩擦に強いものもありますが、それでも長年にわたって使用していればいつしか劣化する日がやってきます。日頃からの動作を気を付けてできるだけ擦らないようにするほか、ビジネスシーンで利用するならある程度消耗品であると考えて、またオーダーシャツを注文するのも一考です。

オーダーシャツは様々な襟の形状を選ぶことができる

なかなか満足できる着心地のシャツに出会うことができないと感じている場合、自分の体のサイズにしっかりと合っていなかったり襟が邪魔になるようなデザインをしていることが非常に多いため、これらの問題を一気に解消して自分に合ったシャツを購入するためにもオーダーシャツを注文してみることをおすすめします。 オーダーシャツの非常に素晴らしいところは、襟の形状を自由に好きな種類から選べるようになる点でしょう。意外と襟一つで着た時の印象がガラリと変わることがあるので、形状を意識したデザインにすることはとても大切になってきます。 どのような襟の形状を選択することができるのかというと、スタンダートなタイプから少し短めのショートポイント、襟先が水平になっていて広がりのあるホリゾンタルなど様々です。 全部で大体130種類以上は用意されているので、首元をエレガントに見せたり全体的なシルエットをスッキリ見せたい人でも満足のいくシャツに仕上げることができるでしょう。

クールビズ用のオーダーシャツであればスタンドカラーやスナップダウンの襟がおすすめ

会社員とは一般的に企業や組織で雇用され、給与を受け取りながら業務を遂行する職業の一つです。会社員は通常、一定の職務や責任を担当し労働契約に基づいて勤務時間や業務内容が定められています。彼らは組織の目標や利益を追求し、同時に個人的な成長や安定した収入を得ることを目指します。 一方でクールビズとは、日本を中心に広まった取り組みで夏季においてもビジネス環境を快適に保つためにジャケットやネクタイを着用せず軽装のスタイルが奨励されるものです。この環境下ではオーダーシャツの選択が重要です。 スタンドカラーは、通常の襟がないデザインで襟を立てることができます。これにより、首元がスッキリとした印象を与え、クールビズのスタイルに適しています。スナップダウンの襟は襟を立てたり折り返したりすることができ、スタイリッシュな見た目を実現できます。クールビズ用のオーダーシャツは、通気性の良い生地を選ぶことも重要です。 このようなクールビズ用のオーダーシャツは会社員にとって快適で適切な選択肢であり、ビジネス環境においても適切な印象を与えることができます。会社員としての仕事を遂行する際、適切な服装選択はプロフェッショナルなイメージを保つために重要です。

仕事でスーツを着る場合はオーダーシャツを10枚くらい用意しておくと安心

大半のビジネスシーンでは清潔感のある正装を求められているケースがあるほか、会社や職種によってはドレスコードが厳しく定められていることがあります。そのような場面でスーツを着用するなら、あらかじめオーダーシャツを10枚くらい用意しておくと安心です。スーツやネクタイとコーディネートできるのと同時に快適に活動できるオーダーシャツなら、常にストックがあれば便利です。毎回コーディネートやサイズ感を気にすることなく、手軽にベストコンディションを作り出すことができます。洗濯をした時の代替はもちろんのこと、出先で汗をかいたり汚れてしまった場合にもすぐに着替えて清潔な状態で仕事に戻ることができます。オーダーシャツの注文時に快適に着用できるサイズが確定すれば、複数枚を注文することで同じフィーリングで着こなすことが可能です。多くのオーダーシャツはまとめ買いすることで割引になるケースも多く、お得に購入できるのが嬉しいところです。

カフスのデザインによってオーダーシャツの印象は大きく異なる

スーツは、ビジネス環境や特別なイベントにおいて非常に重要な役割を果たしますがその理由はいくつかあるのです。 まず第一にスーツはプロフェッショナリズムを象徴します。会社員やビジネスパーソンにとって、スーツは重要な仕事の場面での正装とされています。スーツを着用することで自信を持ち、信頼性のある印象を与えることができます。これは、ビジネスの成功に不可欠な要素です。 スーツは統一感を生み出し同じスーツスタイルを着用することで、組織や団体内での一体感が生まれ統一されたイメージを持つことができるのです。これはビジネスチームやチームメンバー間の連帯感を高めるのに役立ちます。 さらにデザインはオーダーシャツの印象を大きく左右します。これはシャツの袖口部分で、そのデザインやスタイルによって、個人のスタイルや好みが表現されます。例えば、シンプルなカフスはクラシックで控えめな印象を与えますが、装飾的なカフスは洗練された印象を演出するのです。このデザインはスーツやネクタイとの調和も考慮する必要があります。 結果としてスーツはビジネス環境や特別な場面において、プロフェッショナリズムと統一感を提供し、ビジネス成功に寄与するものです。一方で、オーダーシャツデザインは個人のスタイルや好みを表現し、全体の印象を左右します。

オーダーシャツで人気のボタンダウンのデザインは19世紀に誕生した

ボタンダウンのデザインは19世紀にアメリカで生まれました。当時、英国から輸入されたドレスシャツの襟が風で倒れることが多く、それを解消するために考案されたデザインです。 特徴は、襟にボタンがついていることです。このボタンを襟に留めることで風で襟が倒れるのを防いでくれます。また、このデザインはスポーツシャツとの組み合わせでも人気があります。 19世紀当時は主にスポーツシャツとして使用されていました。しかし、やがてビジネスカジュアルというスタイルの流行により、襟にボタンがついているデザインの種類は広く普及することとなったのです。 現在では、オーダーシャツの中でも特にボタンダウンのデザインは人気の高いアイテムとなっています。その理由は、上品さとカジュアルさを兼ね備えているため、さまざまな場面で活躍できる点にあります。 このデザインが19世紀に誕生してから長い歴史を歩んできました。その起源と特徴を理解することで、オーダーシャツのデザインをより楽しむことができるでしょう。

オーダーシャツ ギフトに関する情報サイト
オーダーシャツの豆知識

このサイトでは、オーダーシャツに関する知っておくする知識を紹介します。一般的に、こうしたオーダーメイドの製品はメンテナンスを依頼しやすい魅力があります。シャツであっても同様で、特に袖や襟部分に関してはリペアが可能になっていることが大半です。また、購入する場合には色合いやサイズに注意が必要です。カスタマイズできるとはいっても、着衣する人物に適していないと意味がありませんので基本的な部分を押さえて購入することです。

Search